一般社団法人 日本美容外科学会(JSAPS)
jsapsロゴ

日本美容外科学会(JSAPS)
第126回  学術集会

ご挨拶

会長

  この度、日本美容外科学会(JSAPS)第126回学術集会を新潟市で開催させていただくことになりました。 この会をお受けするにあたり大変な重圧を感じておりますが、身に余る光栄と思っております。

  私は長崎生まれの長崎大学出身の生粋の長崎人です。縁あって新潟大学付属病院形成外科勤務後市内で開業することとなりました。九州の人間が雪国に住めるのかと思っていましたが、住めば都、食良し、お酒良し、そしてシャイで内気ですが、一度親しくなるととことん面倒をみてくれる新潟の人に魅せられ、住み続けています。
  素敵な新潟ですが、美容外科に対する認知度は未だ低く、これは美容外科にかかわる医師の啓蒙の不足が原因と考えられます。この会が新潟での美容外科の認知度をあげる手助けになればと願っています。

  今回の学術集会では二つの特別講演、シンポジウムそして一般演題の構成とさせていただきました。
  特別講演1はヨーロッパをはじめ世界中で「SUWADAの爪切り」として人気を集めている新潟県三条市の諏訪田製作所の小林知行社長にお願いいたしました。
  特別講演2は新潟県を代表する麒麟山酒造株式会社の7代目当主、齋藤俊太郎社長に新潟の酒についてご講演をお願いしております。
  シンポジウムでは「眼瞼下垂症  保険診療からの治療法と自由診療からの治療法  その違いと共通点」と題して、第一線で活躍されておられる先生方にそれぞれのお立場からお話していただきます。
  懇親会では、会場に「諏訪田製作所の爪切りやハサミ」の展示をお願いしております。また、麒麟山酒造の代表的なお酒をはじめ新潟の日本酒コーナーも予定しています。皆さまに新潟の良さを実感していただければと思います。
  不行き届きなことも多々あろうかと存じますが、実りある学術集会となり、また新潟を知っていただける機会になればと願っています。

多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

会長

学会概要

名  称
日本美容外科学会(JSAPS)第126回学術集会
組織会長
山本  光宏
(医療法人社団光真
やまもと形成外科クリニック  院長)
会  期
2016年7月2日(土)  13:00〜17:30
会  場
朱鷺メッセ  
新潟コンベンションセンター  中会議室  201
〒950-0078  新潟市中央区万代島6番1号
TEL:025-246-8400(代)
・市民公開講座
新潟コンベンションセンター  中会議室  201
 
・医療機器展示
新潟コンベンションセンター  中会議室  202
懇 親 会
ホテル日航新潟 31階  18:30〜20:00
TEL:025-240-1888
事 務 局
やまもと形成外科クリニック
担当:乙川 彩
〒951-8067 新潟市中央区本町通7番町1085
TEL:025-223-2926    FAX:025-223-2982
E-mail:jsaps126@yamamoto-clinic.jp

演題募集

演題数が予定数に達しましたので、締め切らせていただきます。
ご応募ありがとうございました。

プログラム

時刻 内容 詳細
13:00-13:05 開会の辞  
13:05-13:45 特別講演1


座長  林 寛子(烏丸姉小路クリニック

「SUWADAの仕事、職人の想い」

小林 知行(株式会社 諏訪田製作所 代表取締役


SUWADAは新潟県燕三条で大正時代より続く伝統的な刃物鍛冶の仕事をしています。
弊社職人謹製の爪切りは、多くのお客様にその切れ味を認められており、世界中にファンを獲得しています。
全ての工程が手作りですが、それ故に職人は想いを込めて仕事に励みます。
想いの先はこれを使ってくれるお客様であり、お客様の喜ぶ顔が私達の喜びでもあります。
そんな普段の私達職人が取り組んでいるお話しをいたします。


13:45-15:05 シンポジウム


座長  倉片 優(クリニカ市ヶ谷

1)「眼瞼下垂症  保険診療からの治療法と自由診療からの治療法
      その違いと共通点」


     「眼瞼下垂症手術−保険診療の立場から」
村上 正洋(日本医科大学武蔵小杉病院形成外科


2)「私が行っている保険診療での眼瞼下垂手術」
志田山 了一(志田山形成外科


3)「眼瞼下垂手術、私が失敗から学んだこと」
島倉 康人(北里大学病院形成外科・美容外科 東京皮膚科・形成外科
池田 欣生(東京皮膚科・形成外科


4)「違いは片眼ずつ行うか両眼同時に行うか、
       共通点はわずかな左右差を受忍させることにある」
土井 秀明(医療法人杏皇会  こまちクリニック


5)「美容外科クリニックにおける上眼瞼手術での挙筋腱膜手術の有用性」
大口  春雄(八事石坂クリニック


15:05-15:20 休憩  
15:20-16:35 一般演題
座長  田中 嘉雄(香川大学医学部形成外科

1)「乳房固定術 -当院の術式-」
新城 憲・東恩 納邦子(医療法人こころ満足会 形成外科KC


2)「認定再生医療等委員会とPRP治療の安全性」
亀井 康二・木村 哲治(カメイクリニック


3)「剪除法による腋臭症治療後の腋毛再建の1例」
今川 賢一郎(ヨコ美クリニック


4)「スカルプ マイクロピグメンテーション(SMP)による
      FUTの線状瘢痕のカムフラージュの試み」

今川 賢一郎(ヨコ美クリニック


5)「前頭筋を利用した眼瞼下垂の手術治療」
上 敏明(名古屋形成クリニック


6)「ピコレーザーの使用経験  〜タトゥー・アートメークを中心に〜」
衣笠 哲雄(医療法人 創美会 きぬがさクリニック


7)「乳頭composite graft採取後の縮小変形を軽減する工夫」
井上 聡子・工藤 博雄・松本 絵里奈・玉井 求宜
木暮 鉄邦・岡田 麻衣子・永竿 智久・田中 嘉雄
香川大学医学部形成外科


8)「CO²レーザーを用いた眼瞼下垂症手術 第2報」
野平 久仁彦・矢島 和宜・新冨 芳尚(蘇春堂形成外科


9)「3D画像撮影装置ベクトラハンディを用いた
      高密度焦点式超音波治療リフトアップ効果の定量的評価」

向井 英子・長瀬 大蔵・居川 和宏・相川 佳之
湘南美容外科クリニック


16:35-16:50 休憩  
16:50-17:30 特別講演2


座長  阿部 浩一郎(医療法人社団研美会  青山研美会クリニック


「新潟淡麗の魅力」

齋藤 俊太郎(麒麟山酒蔵株式会社 代表取締役社長


淡麗辛口として高い評価を得てきた新潟清酒ですが、そこには越後杜氏の卓越した技術、
そしてその技術を支えてきた新潟県醸造試験場や新潟清酒学校の存在がありました。
また、今年で12回目を迎えた新潟清酒の祭典「にいがた酒の陣」や検定試験を通じて新潟清酒の
理解促進を図ろうと試みる「新潟清酒達人検定」など、新潟ならではの独自な取組みも行って参りました。
そして、何よりここ新潟はコシヒカリに代表されるお米の名産地。
新潟の地形や気候風土が与える米栽培への影響を解説致します。
様々な自然の条件や、長年に渡る業界の努力から醸された新潟清酒、その魅力を是非ともお楽しみ下さい。


17:30- 閉会の辞

 

会員・非会員の方へ

参 加 費
会員・研修医
非会員
5,000円
10,000円

研修医・メディカルパートナー方の参加は、所属長を通じて事前の連絡をお願いいたします。
非会員の方は事前に会長の許可が必要です。
下記の用紙をダウンロードしていただき、必要事項を記載の上、下記の事務局へメールでお送りください。

事 務 局
やまもと形成外科クリニック
担当:乙川 彩
〒951-8067 新潟市中央区本町通7番町1085
TEL:025-223-2926    FAX:025-223-2982
E-mail:jsaps126@yamamoto-clinic.jp

参加申込書(ワード文書:25KB)

宿泊案内

ご希望の方は下記の宿泊要項でホテル一覧をご確認していただき、申込書にてお申込みください。

申込締切:2016年5月27日(金)

会場・交通

7月3日(日)の企画

紫雲ゴルフ倶楽部でのゴルフ
「麒麟山酒造酒蔵」と「北方博文館」見学ツアー
新潟のお鮨と新潟の大吟醸飲み比べ昼食会

企業展示

広告企業

おすすめグルメスポット

私が実際に利用したことがあるお店です。
かなり偏っていて数も少ないのですが、新潟の味を楽しんでいただけるのではないかと思っています。
学会前日・学会の午前中や学会懇親会終了後に如何でしょうか。

新潟の観光

市民公開講座

日本美容外科学会  第126回学術集会に合わせて「市民公開講座」を開催いたします。